• ホーム
  • 高配当銘柄には要注意しましょう

高配当銘柄には要注意しましょう

ネクタイをかける男性

株による利益は差金決済取引によるものと、配当や優待によるものの2種類があります。
売買した価格差による収益は自分でコントロールすることができますが、配当や優待の内容は企業が決めるものですので、自分でコントロールすることはできません。
短期的な取引で配当や優待のことを気にして売買している人は、特に注意して高配当銘柄を選ぶ必要があります。

高配当銘柄で注意しなくてはならないのが、単純に配当が減ってしまうことによる利回りの減少だけでなく、配当が減るという悪材料による株価の下落です。
特に高配当銘柄には配当を狙って保有している人が集中しているので、ひとたび減額されるという悪材料が出れば、浴びせ売られてしまうことも珍しくないのです。
ストップ安になってしまえば持っている株を処分することも難しくなってしまいますので、高配当銘柄はリスクのある銘柄だという認識を持っておくことがポイントの1つです。

長期保有をしている人ほど、保有期間に業績が悪化するリスクがありますので、長期的に安定した収益を出すことができる企業なのかどうか見極めることが重要です。
高配当銘柄の中には短期的に大きな収益を上げたことによって、高い利回りで配当を出す企業もあります。
そのような銘柄は注目も浴びやすいため、株価が急激に上昇することもあります。

このような銘柄はボラティリティーが高くなりますので、信用取引をする場合は十分注意しなくてはなりません。
現物での保有であれば持っている資金が減少するだけで済みますが、信用取引で持っている資金以上の取引をしていた場合、損失額も大きくなりやすいのです。

人気の銘柄ほど株価は上昇しやすくなりますが、人気がなくなったときの動きも急なのです。
長期で安定した運用を目指すのであれば、高配当銘柄ばかりに投資をするのではなく、配当は少なくても堅実な経営によって安定した利益を出している企業にも投資をしておきましょう。
このような銘柄を持っていることでリスクヘッジをすることができます。

また、高配当銘柄は権利確定日の翌日に大幅に株価が減少しやすくなります。
その株価の中に配当される金額まで見込まれているためです。
株を保有するタイミング、売却するタイミングを間違えてしまうと、配当された金額以上の損失を出すことがありますので、決算期間近になったころに短期的な取引をするのは少しリスクが高い銘柄だと言えるでしょう。
売買する前に、いつが決算なのか確認しておくことが大切です。

高配当銘柄に投資するなら利益が出ているか確認する

高配当銘柄を買ったつもりでも、企業の業績が悪化してしまえば配当が減額、最悪配当がゼロになってしまうこともあります。
高い利回りを狙って取引をする人は、業績悪化せずに収益が出せているのかしっかりとチェックしなくてはなりません。
配当は余剰資金の再分配ですので、余剰資金がないような赤字状態では配当をすることができないからです。
こうした情報は企業のIR情報や四季報を確認することでチェックができます。
知名度や印象で好きな銘柄に投資をするのも悪くはありませんが、大切な資金を守って運用するためにも、これからお金を投入する企業がどのような会社なのか知っておかなくてはなりません。

高配当銘柄の見つけるポイントをマスターする

高配当銘柄を見つけるポイントは、まずスクリーニング検索です。
優待利回り順に並べるだけで、どの会社が高い優待利回りなのかを確認できます。
同時に会社の自己資本比率や権利確定日も確認しておきましょう。

会社ごとに決算時期が違いますので、うまく資金を回せばたくさんの会社から配当を得ることも可能です。
業績悪化しているかどうかは単純に検索しただけではわかりません。
会社のIR情報や事業に関するニュースに目を通しましょう。
ほとんどの情報はネットで収集することができますので、売買をする前にどれだけ研究したかが大切です。

サイト内検索