• ホーム
  • 株で失敗すると借金することもあるってホント?

株で失敗すると借金することもあるってホント?

株で失敗すると借金を背負うこともあるという噂がありますが、基本的にそのようなことは起こりません。
株式投資では、企業に対してお金を投じます。企業の価値が上がれば株価が上がり資金が増えます。
逆に、企業の価値が下がれば資金が減ります。

株式投資における最大損失とは、企業が倒産をしてしまって保有株式の価値がゼロになってしまうということです。
100万円のお金を投じていたなら、それがゼロになってしまうことが最大損失です。
株式の価値がマイナスになるということはありませんので、借金ができる可能性はゼロです。

しかし、実際に株式投資をやって借金を作ってしまう人は存在します。
それには2つのケースが考えられます。
1つは信用取引をしていたというケースです。
信用取引では持っているお金以上の取引をすることができますので、株価が大きく下がれば借金ができることもあります。

もう1つのケースは、カードローンなどで借金をして株式投資をしていたケースです。
その場合には先に借金を作ってしまっており、投資で失敗したので借金を返せなくなったというものです。
正確に言えば株式投資によってできた借金ではありません。

いずれにしても、株式投資で失敗をして最大損失を出してしまう可能性については考えておきましょう。
100万円を投資して株式を購入し、その価値がゼロになってしまうだけならばそれほど大きな影響はないでしょう。
生活費なども投資に使ってしまっていた場合には別ですが、余裕資金で投資をしていたならば生活ができなくなるということはありません。

パチンコなどのギャンブルをやっている人も、お金を捨てたつもりで遊んでいるという人が多いでしょう。
余裕資金を使って一攫千金の夢を見るというのは悪くはありません。
くれぐれも生活費など、大切なお金は使わないようにしておきましょう。

住宅ローンなどの返済がある人は、借金の返済の分のお金を残しておくことも大切です。
投資で失敗をして住宅ローンを返せなくなると、マイホームが強制売買にかけられてしまいます。
最悪のケースでは家を失うだけでなく、多額の借金まで残ってしまい、自己破産をしなければならなくなります。

株で失敗をしても、現物取引をしていたならば借金ができることはありませんが、負けて資金を失うリスクについては必ず考えておきましょう。
負けても生活に影響がない程度のお金を投資するのであれば、なんの問題もありません。

株のレバレッジについて

信用取引ではレバレッジをかけることが可能です。
レバレッジをかけるということは、自分が持っているお金以上の取引をすることができるということです。
これは借金をしているのとほぼ同じ状態にあります。

業者によって取引方法は異なります。
レバレッジを何倍までかけられるのか、ロスカットレベルは何パーセントなのかといったことも業者によってさまざまなので、必ず確認をしておきましょう。

信用取引では空売りをすることもできます。
空売りをした場合には、逆に株価が上がると損失を被ることになるので注意をしておきましょう。
初心者の人は取引方法を十分に理解するまでは大きなお金をかけないようにしておきましょう。

借金してまで株をやってはいけない

レバレッジ取引をしなければ、株式投資で借金ができることはありません。
その場合に気をつけておくべきなのは、負けて生活費を失ってしまうことや、すでにあるローンの返済ができなくなってしまうことなどです。

クレジットカードのショッピング枠もリボ払いなどにしていると借金と同じであることに注意をしておきましょう。
借金をしてまで株式投資をやってはいけないことは絶対に気をつけるべきことです。
その上で、次の給料日までの生活費、ローンの返済費、クレジットカードの支払いのためのお金も残しておくことが大切です。
投資は余裕資金で行うようにしましょう。